彩都西地区福祉委員会

地区福祉委員会は「誰もが安心して住み続けられる福祉のまち」を目指して身近な暮らしの問題に取り組む小学校単位の組織です。

彩都では、幼年から高齢の方々までが楽しめるよう「いっしょにあそぼう」「収穫祭」「ふれあいサロン」「いきいきサロン」及び「敬老会」の行事を予定しております。

2022年度 福祉カレンダー

~皆様の参加をお待ちしております~

 

新型コロナウイルス感染拡大状況を見極めた上で開催可否を判断しますので、まち協HPおよび回覧板・掲示板・チラシなどでご確認をお願いします。


*日程・場所及び内容は変更することがありますので詳細案内をご確認ください。

*詳細は以下のHP、または回覧板・掲示板・チラシなどでご案内いたします。


いきいきサロン

6月のサロンは、岩阪自治会館に集まり、筋力や機敏さを調べる「体力測定」。

7月。簡単なおやつ作りとして「丁稚羊羹」と「カップケーキ」を作る。「これだったら孫にも作ってあげられるな」と男性の声。

10月。チームで力を合わせて頑張ったディスコンゲーム。

その後はカラオケを楽しむ。

11月。口腔栄養について講座を聞いた後、お弁当とみそ汁をいただく。


敬老会

◆「敬老会」は式典方式から記念品のお届け方式に変わります。

令和4年度以降の「敬老会」事業は記念品のお届け方式となりました。

コロナ禍で令和2〜3年度は式典の開催は自粛し、記念品のお届け方式としておりました。また、社会福祉協議会より「近年各地区の出席率が20%台で推移していることもあり、敬老会という名称のもと各地区特色を出しながら実施」との方向性が令和2年度に示されておりました。

当地区でも近年の出席率が20%台であることと、会場設営と運営の手間とが限界に近づきつつあることを考慮し、今後は式典の開催は取り止め、対象者全員(令和4年度は73歳以上)に9月頃に記念品をお届けすることに致します。

楽しみにされていた方には申し訳ありませんが、諸事情ご賢察の上、ご了承をお願いします。


◆令和元年度の敬老会の様子

子育てサロン
(いっしょにあそぼう)

10時過ぎ、ベビーカーや抱っこでぼちぼちコミセンにママと入園前のお子さんが集まってきます。ある日はパパも。「このオモチャで遊べるようになったヽ(^。^)ノ。誕生日に買おうかな。」「ハイハイが先月より早くなったね。」「おうちでは目が離せなくなって大変でしょう。」など子どもたちが自由に遊ぶなかママ同士・福祉委員とおしゃべり。保健師にも気軽に相談でき、身長・体重測定も実施しています。季節行事関連作品の製作や絵本を保育士と楽しみ、11時半にバイバイ(^_^)/~

気軽に遊びに来てください。


収穫祭

10月20日(日)のふれあい農園収穫祭は、天候にも恵まれて総勢77名が参加されました。

昨年同様、芋の出来栄えが良くて大いに賑わい、今年は1,142グラムの芋を掘った人が重量チャンピオンになりました。4位まで1,000グラム以上の大きさに歓声があがっていました。

頑張って掘ったお芋とおもちゃをもらった子どもたちは大喜び、楽しい一日でした。

毎年、土壌改良や畝作りなどお手伝いしていただいた成果だと思っています。

例年同時期に開催しておりますので大勢の参加をお待ちしております。


ふれあいサロン
(彩都夏祭り)

「彩都夏まつり」に、福祉委員会は「ふれあいサロン」と称して毎年、ブースを設置しています。令和元年度も休憩コーナーを設けて冷茶を提供するとともに、福祉委員会の活動を知っていただくために、活動パネルを展示し、広報ポケットティシュを配布しました。

毎年、世代間相互のふれあいや交流が行われています。


鉢伏山ウォーク

世代間交流事業の一つとして、親子で自然体験ができる催しを実施しています。2019年度は鉢伏山森づくりの会と共催で「秋の鉢伏山ウォーク」を開催。鉢伏山に登り、講師の説明を聴きながら自然観察と記念植樹を行いました。

彩都の身近な里山・鉢伏山で、豊かな自然を感じることのできる楽しいイベントに、ぜひご参加ください。